弊社では在庫管理・購買管理・販売管理などの業務についてのシステム開発は、ERPソフト「Spark」の各モジュール機能をご利用いただき、お客様の業務支援を行っております。

ERPソフトのため各業務間の連携も可能ですが、必要な業務単位に単独でモジュール機能導入が可能となっています。

お客様で利用される主なモジュールをご紹介したいと思います。

Spark-ERP 在庫管理モジュール

中国在庫管理のシステム化ポイント
中国に展開している日系企業様において在庫管理をシステム化していない場合も多く、弊社からも原料在庫、製品在庫、部材在庫、仕掛品在庫など工場内の在庫管理のご提案と導入のお手伝いをしております。

中国在庫管理システム機能のご紹介
別記事でも紹介している自動認識機器の「ハンディターミナル(PAD)」や「ラベルプリンター」を利用し、各個体の認識、各種ラベル発行、倉庫内ロケーションへの入出庫、先入先出、安全在庫を下回った際の通知など、お客様の運用に合わせた在庫管理システムを提供しています。

また入出庫作業についてはAGV(無人搬送車)を利用した自動搬送装置とのシステム連携の開発実績がございます。

Spark-ERP 生産管理モジュール

中国で生産管理システム導入ポイント
生産管理モジュールは原料在庫管理との連動を行い、ロット指定の原料払出しから原料の小分け作業の秤量工程、原料投入工程などの各工程において、原料重量・ロット・作業時間等の作業情報を記録保存。

生産指示書単位にデータ管理をする仕組みとなっています。

生産管理をシステムで一元化
投入については単独に「誤投入パッケージソフト」を展開しており、投入工程単体の導入も可能になっております。

また検査工程がある場合は、検査の合否判定を記録し不合格時は次工程に進めない等システム制御による、ヒューマンエラー防止機能もございます。

Spark-ERP 購買管理モジュール

中国購買管理システム導入ポイント
購買部ならび申請部門でご利用いただく購買管理システムをご提供しております。

各部門の情報の一元化、紙ベースの申請業務の電子化とペーパーレス、QRコードやハンディターミナルを利用し入力作業の軽減、ミス抑制を実現します。

購買システムの購買担当振り分け機能
申請部門からの購買申請及び申請フロー、申請部門の一括データアップロード機能、購買部担当者への振り分け、申請から納品までの進捗参照画面、先行発注や特定仕入先購入など特殊購買に関連する業務、仕入先とのデータ共有に必要なEDI機能をご準備しています。※EDI機能はオプション
購買管理システム承認申請フローイメージ

発注した購買品については仕入先へ「QR付き現品票」をPDFデータとして提供する機能があるため、入庫時の検収作業でQR現品票をスキャンし検収実績として利用し省人化、精度アップの効果が見込めます。

お問い合わせ